fbpx
Menu

アイ・ディー・エーのPlunet運用方法

アイ・ディー・エー株式会社 は多言語翻訳、多言語版カタログ・マニュアル制作、多言語WEBサイト制作をサービスとして提供しています。対応言語は80か国語以上、翻訳専門分野は、メーカー向けのカタログ、マニュアル、WEBサイトの他に、インバウンド、特許、契約書、 IR、CSRなど。 また、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100」認証を取得しており、その他、多言語ドキュメント作成CMS「Author-it」「MadCap」の販売代理と導入支援、多言語メニュー制作ツール「World Menu」の開発、販売を行っています。

53名
社員数(国内外)
導入から5年で売上が約50%増加
Plunet導入以降の成長率
80言語以上
取り扱い言語数
2014年
Plunet導入年
1997年
創立年
約 500 名
国内外契約スタッフ数
約 100 社
協力翻訳会社

Plunet導入の経緯

Plunet導入以前に使用していた案件管理の社内システムがありましたが、機能が限定的であり、何より詳細な統計データを出力することができませんでした。案件規模の拡大、案件数の増加、社員数の増加に伴い、翻訳受発注業務の効率化と統計データの活用を期待して、Plunetを導入しました。

案件の進行状況の把握が簡単

見積書から納品書、請求書まで、一連の流れの中で最小限の操作で出力できるため、請求作業が効率的に行えます。また、見積中、進行中、請求中、支払済みなど、各プロジェクトのステータスが自動的に設定され、レポート生成の検索基準としても利用できるため、全体の案件進行状況の把握に役立っています。

ISO 17100認証取得がスムーズに

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100」認証を取得するにあたり、あらかじめその基準を満たしているPlunetを管理システムとして利用していたため、申請のためのドキュメント作成、また当日の審査に非常にスムーズに対応できました。

ワークフローの可視化

翻訳や多言語制作の案件が、統一されたフォーマットで進行状況も含めて管理できるため、ワークフローが可視化されるようになりました。それによって、ルールによる運用だけでは把握しづらい課題が明確になり、ワークフローの標準化と効率化を継続的に進めていくことができます。
また言語別や、担当別、クライアント別など複数の基準で、詳細な統計データが出力できるため、任意の期間の受発注の傾向や変化などを把握することができます。

Plunetの翻訳案件管理システムのおかげで、翻訳ワークフローを標準化し改善することができました。全体的な効率が上がり、プロジェクトマネージャーと外部リソース間の効率的なコミュニケーションも維持できるようになりました。また、PlunetはISO 17100規格に準拠しているため、認証取得も迅速かつ容易になりました。ボーディン・トッド・リチャードアイ・ディー・エー株式会社  代表取締役

 

ご連絡先詳細

!
!
!
!
!
!
!
!